08:2015/03/13 大阪トレセン女子

[ コメントを見る(0) ]
コーチ  :竹内映二、福田勝志、福井規夫、木村政雄
トレーナー:吉田明代

フィジカル(吉田トレーナー)
フットワークを中心としたダイナミックな大きな動きと、小さ動き。
写真1

オンコート(竹内コーチ)
●ボレー
  1. テンポアップしてボレーボレー(100/1分ペース)
  2. 片方はフォアボレーのみ、片方は交互にサービスボックスの中で左右に振る。(逆も行う)
写真2
  1. 1人がボレーをしながらサービスラインからネットまで詰める。(選手の役割交代して実施)
写真3
※グリップはコンチネンタル。人差し指と親指でできるVの字はグリップの真ん中、グリップエンドは掌根みかかるくらい。

●ショートラリー
  1. 一面でバタフライ
    コースは甘くても構わない、ショットクオリティーを落とさない
  2. サービス手前に置いたターゲットにプレースメントする練習
    スライスとスピンを限定するなど、課題設定に変化をつけて練習。
  3. 二個のターゲット
    片方のターゲットはひとつ。片方はラケット二本間隔のターゲット二つ。
    二個のターゲットには、交互に配球。(左右と前後)
    振られた側は必ずフォアハンドで処理する。 ※簡単な練習は丁寧にやる。
写真4
●ラリー
  1. セーフコート⇄ディープコートの打ち分け
    深いボールは相手を押し下げるので角度はなくてもいい。確率を優先。
    浅いボールは相手を追い出すためにサイドラインに近いボールを打つ。
    セーフコートをZONE2 ディープコートをZONE1
    前後に2メートル離れているボールを反対のコートから見るとすごく狭い。
    深さのコントロールは思っているよりも難しい。
    このZONE1と2への打ち分けをトレーニング
写真5
※カットインしてコートの中に入らなければ浅いボールに対するアジャストが遅くなる。
一度横へ動いてから前へ動くと、打点への入りが遅くなり前傾オフバランスになってしまう。
※ボールインパクトに関しては、濡れているボールを三球打ち抜く意識でしっかりと捉える。
  1. 2vs1ラリー(1)
    ・2はずっと1のフォアに打つ。1は交互に配球。
    ・2のフォアサイド側は、ワイドに走らされて、サイドライン延長線上外に両足が出た時点でオープン(ストレート)に展開する。
    ・2のバックサイド側は、浅いボールが来たらオープン(クロス)に展開する。
    ・2側が展開した後はフリーポイント(逆サイドも実施)
    ※1側は、2側が展開する状況にあるかどうかを『確認』して素早い対応をトライする。
写真6
  1. 2vs1ラリー(2)
    2は高い起動のループボールを相手のミドルコートバックハンド側に打つ。
    1側は肩の高さでインパクト。簡単にバックで打たない。必ず相手を見る。
    4球続けた後、フリーポイント。
写真7
※動きについて
歩行と同じように、手足が交差する動きを意識する。
下半身が一歩前に出るときに上半身のローディングは生まれることで、次の動作に移行しやすくなる。
※テイクバックは、身体の近くをラケットが通ると早くセットできる。

●ボレー→ドライブボレー
写真8
●スマッシュ(説明は左利き)
オーバーヘッドは11時〜12時の間でインパクト。
9〜10時と低い打点をしている選手が多い。
横へ動かされた時も、素早く打点に移動して横向き姿勢を作る。
写真9
●サービス
トロフィーポジションを見たときに、
時計の短針『時』は、肘の指す方向。長針『分』はトスを上げた手の指す方向として、
九時五分はライナーのボールが打ちやすく、七時五分はドライブ回転が打ちやすい。
※担いだラケットが背中近くを通り過ぎると力が出せない。
写真10
●リターン
肘の曲げ伸ばしでインパクトを迎えに行かない。 インパクトの後ろに手をセットして打球方向へのプッシュでインパクト。
過度に軸がロールするとラケットは打球方向から外れて動いてシャンクしやすくなる。

■ラストの追い込みトレーニング
シングルスコート20秒シャトルラン
写真11


■大阪女子トレセン201503
  1. プレースメントとアジャスト(相手を動かす技術の追求と動きに適応する能力の向上)
  2. 認知判断のスピード向上(プレー中、相手を見て判断する意識)
  3. 基礎技術向上(拡張性があり、エネルギー効率の良いショット技術の追求)
    今年度下半期の女子トレセンが終了。
    各カテゴリー其々に重要な試合が続きます。
    この半期に学んだことを継続して取り組み、更なる飛躍に繋げて欲しい。
    竹内コーチ、福田プロ、吉田トレーナー、ありがとうございました。
    目指せ!Osaka to the world!
写真12

報告書作成者 木村政雄