フォアハンドストローク

研究員であるナショナルコーチ達が日本のトップ選手を強化する活動の中で発案したメニューを中心に紹介するコーナーです。

02:フォアハンドのミスを減らすボールの見方

[ コメントを見る(1) ]
写真1
写真1:インパクトを真っ直ぐに見た時の顔の向き

以前、写真1のようにインパクトの位置を中心視野で見ることが、インパクトを正確に当てるために重要だとお伝えしました。それから考えてもインパクト時に顔が前を向いてしまわないことが重要です。

今回は、インパクトの位置を中心視野で見るために、テイクバック時にどこまで後方が見えているかのチェックをする方法を紹介します。

この動画で紹介するように、テイクバック時に後方が見えている見方を覚えることで、懐の深いフォアハンドを打つことができるようになり、ミスが減るだけではなく、相手に打つコースを読まれないフォームになると思います。
是非試してみてください。



今よりもっと楽しく!みんラボ研究員駒田政史のフォアハンドのミスを減らすボール見方紹介でした!