フォアハンドストローク

研究員であるナショナルコーチ達が日本のトップ選手を強化する活動の中で発案したメニューを中心に紹介するコーナーです。

09:時間のない中で、クオリティーの高いボールを打つフットワークとスイングのテクニックを習得するための練習方法

[ コメントを見る(1) ]
時間のない中で、クオリティーの高いボールを打つフットワークとスイングのテクニックを習得するための練習方法を紹介します。
  1. 真ん中からサイドに動かされた時のフットワークをする際にバスケットボールを使って走っている最後の足をつくと同時にボールをリリースします。
  2. 実際にラケットを持って1.で練習した身体の使い方を使ってラケットを振りボールを打ちます。
コツは最後の足が空中にあるうちに身体を捻りテイクバックを完了して、足が着くまでに捻り戻しまでを行うことです。
分かりにくい場合は、ハンドボールのシュートのような身体の使い方だと思ってください^_^

これができるようになると、時間がない中で、手打ちではなく身体を使ってボールを打つことができるようになり、動かされた中でクオリティーの高いボールを打つことができるようになります!!

身体全身のエネルギーを使う高度なテクニックですので、フィジカルに自信のある方は是非挑戦してみてください^_^



今よりもっと楽しく!みんラボ研究員駒田政史の“時間のない中で、クオリティーの高いボールを打つフットワークとスイングのテクニックを習得するための練習方法”でした^_^