フォアハンドストローク

研究員であるナショナルコーチ達が日本のトップ選手を強化する活動の中で発案したメニューを中心に紹介するコーナーです。

15:サム研究員の“重いボールを打つための練習方法”

[ コメントを見る(0) ]
今回は、スピンが過ぎてしまう方に対しての“重いボールを打つための練習方法”を紹介させて頂きます。

問題点
回転をかけようとした時にボールの高さに対して、ラケットを下から振りすぎてしまっていること。
写真1

改善方法
  1. ツーバウンドでボールを打ちボールの高さに対して、ラケットを下から振らなくても十分にスピンがかかることを理解する。
  2. その感覚を覚えて、普通の球出しボールを打つ時に、同じイメージでラケットを下げすぎないで打ってみる。
簡単ですが、非常に効果的な練習方法だと思います^_^

テニスのテクニックに大事な要素として、エネルギーをロスなくボールに伝えることが挙げられます。
車業界でも電化製品でも今流行りの“エコ”だと思ってください^_^
きっと、ファイナルセットまでもっと楽にプレーできるようになるはずです!

簡単な練習方法ですが非常に効果的ですので、是非参考にしてください!



今よりもっと楽しく!みんラボ研究員サムの“重いボールを打つための練習方法”でした^_^