バックハンドストローク

研究員であるナショナルコーチ達が日本のトップ選手を強化する活動の中で発案したメニューを中心に紹介するコーナーです。

02:小原研究員の“バックハンドストロークイメージ動画”

[ コメントを見る(0) ]
今回は、自分と見本のテクニックの違いを比べて、改善させることを目的としたバックハンドストロークイメージ動画を作ってみました。
選手のテクニックを改善させるために邪魔するものが2つあります!
1つは、“今まで記憶した動作の癖”
もう1つは、“今の感覚”
です。
どちらも非常に厄介な敵ですので、退治するためには、チャレンジに対して非常に大きなモチベーションが必要です。
私はいつも選手に大きなモチベーションを与えるために次の方法をとっています。
  1. このテクニックが身につけば、より効果的な戦術が遂行でき、レベルの高いプレーヤーにも勝てるようになるイメージが湧くところまで説明をする
  2. バイオメカニクス的に動作の説明をすることで、現状の問題点の把握と改善方法を伝える
そんな説明に役立つのが、スロー動画です。
まず、自分の動作と目標とする見本の動作を簡単に比べることができます。
また、本人のテクニックが段階的に改善していく様子を見せることで選手のテクニック改善の大きなモチベーションにもなります^_^
今回の見本は、小原研究員のバックハンドストロークです。何度見てもシンプルで素晴らしいフォームです。
特に、注目して欲しい点は3つあります。
  1. 頭の位置が動かない“後ろから前への体重移動!”
  2. 完璧な軸
  3. インパクト手前からインパクト後まで同じ面の向きがキープできていること
写真1
写真2
写真3




皆さんも是非参考にしてみてください^_^

今よりもっと楽しく!小原研究員の“バックハンドストロークイメージ動画”についてでした。