02:トスの上げ方について

[ コメントを見る(0) ]
今回はトスの上げ方について考えてみました。

サービスのトスが正確に上がらなければ、安定したサーブを打つことは困難です。
そこで、今回はサービスのトスの上げ方について、どんな持ち方でトスを上げると正確に上がりやすい(感覚が優れている)かを試してみました。
まず、次の2つの持ち方で実際に試してみました。(みなさんもやってみてください^_^)

(1)写真1のように、水の入ったタンブラーを持ち、その水がこぼれないようにタンブラーを上に上げてみてください。
写真1
写真1:コップを握るような持ち方でトスを上げる動作をする日比野菜緒プロ

(2)写真2のように、水の入ったタンブラーを持ち、その水がこぼれないようにタンブラーを上に上げてみてください。
写真2
写真2:手のひらを上に向けてトスを上げる動作をする日比野菜緒プロ

写真2の持ち方に比べて、写真1のように持った時の方が水がこぼれないようにタンブラーをまっすぐに保ちながら上げる感覚が優れていことが分かったと思います。
このことから、手のひらを上に向けてトスを上げるより、コップを握るように手のひらを横に向けてトスをあげた方が、感覚的に優れていることが分かりました。
カンパイ~!とコップを上に上げる時のことを思い出してください。無意識でもジョッキがまっすぐになるように手首の角度をコントロールしていることが分かると思います。

トスが正確に上がらない事で苦労している方は是非一度コップを持つようにボールを握ってトスを上げてみてください。

今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史の“トスの上げ方”でした。