07:駒田研究員のスライスサーブのプロネーションを習得する練習メニュー

[ コメントを見る(0) ]
主導権を握るようなビッグサーブは、誰もが憧れます。
しかし、ビッグサーブを打つための資質(高身長、ハイパワー、関節の可動域)を持っている選手は僅かしかいません。
そこで、サーブを使ったコンビネーションプレーでサーブを武器にする方法を考えてみると、やはり、サーブで相手をコートの外に追い出す&オープンコートへの2ショットコンビネーションが最も有効だと思います。

今回は、そんな2ショットコンビネーションを成立させるためのスライスサーブの習得を目的とした練習メニューを紹介してみたいと思います。

スライスサーブで大事なポイントは、下記の2つです。
  1. 浅く角度をつけられること
  2. バウンドしてから曲がること
この2つを習得するために、下記のような手順で段階的にプロネーションを覚えます。

1.コーンの上に置いたボールを前を向いた状態でスライス回転させて飛ばします
写真1

2.コーンの上に置いたボールを後ろを向いた状態でスライス回転させて飛ばします
写真2

3.トスを頭の右側に上げ、1と2で覚えたプロネーションを使ってスライス回転をかけて飛ばします
写真3
このプロネーションを習得できれば、パワーが無くても、身長が低くても、相手をコートの外に追い出す武器が手に入ります^_^


習得のヒントになれば幸いです^_^

今よりもっと楽しく!みんラボ研究員 駒田政史の“スライスサーブのプロネーションを習得する練習メニュー”でした^_^