05:フォアハンドストロークのフットワーク練習方法Part2

[ コメントを見る(0) ]
練習内容
コーチの手出しの球出しを以下のことを気をつけて打つ
  1. 選手はベースライン上でスプリットステップを行い、球出しに対して、1ステップ目の右足をベースラインより前について素振りをする。
    この時、1ステップ目が大きく前につき過ぎると結果的に後ろ体重になり過ぎて体重移動が打球方向に使いにくく、ぎこちない動きになってしまうため、最初は小さく前に足をついてください。
    慣れてきたら、ダイナミックに前に走るように足をついてみたら、身体を捻る動作も自然と大きくなります。
  2. 実際にコーチの球出しを、(1)のステップで打ってみる。
  3. 次に(1)の方法で動く距離を大きくして素振りをする。この歩幅が大きいと、2歩でアプローチショットが打てるようになるため、非常に素早くネットまで詰めることができるようになります。
  4. 実際にコーチの球出しでアプローチ&ボレーをしてみてください。
前回は横方向に動くエコステップを紹介しましたが、今回の前方へのエコステップが上手く使えるようになれば、動作がダイナミックかつリズミカルに行えるようになるため、プロの選手のように優雅でパワー溢れるプレーができるのではないでしょうか^_^
私もいつもイメージだけはフェデラーのように動作しているつもりです^^;
みなさんも是非、エコステップで見た目UP&パワーUPしてみてください^_^



今よりもっと楽しく、みんラボ研究員井本善友の練習メニューでした^_^