戦術練習

研究員であるナショナルコーチ達が日本のトップ選手を強化する活動の中で発案したメニューを中心に紹介するコーナーです。

14:サーブから主導権を取り続けてプレーする練習メニュー紹介

[ コメントを見る(0) ]
今回は、サーブから主導権を取り続けてプレーする練習メニューを紹介します。

練習方法
  • 2対1で行います。1はベースライン付近に構えて下がらずにボールのトップを打ち、早いペースで左右にボールを打ち分ける。
  • 次にサーブの素振りを入れて、ダウンザラインから左右に3球打ち分けたところからポイントを行います。
チェックポイント
  1. 打トップでボールを打てているか?
  2. ペースを落とさないで打ち分けができているか?
  3. ゲームで使うイメージで練習できているか?
サーブの次のショットを真ん中から正確に左右に打ち分けることは、サーブのアドバンテージを続けてプレーするために非常に重要です。これができると、相手はどちらかのサイドにリターンをコントロールしなくてはいけないプレッシャーから、サイドを狙いすぎてミスをするからです。
サーブに自信のある方は是非やってみてください^_^サーブが良ければ良いほど、リターンは真ん中に返ってきているはずです^_^



今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史の練習メニュー紹介でした^_^