戦術練習

研究員であるナショナルコーチ達が日本のトップ選手を強化する活動の中で発案したメニューを中心に紹介するコーナーです。

18:アグレッシブディフェンスの練習メニュー紹介

[ コメントを見る(0) ]
今回は、アグレッシブディフェンスの練習メニューを紹介します。
練習方法
  • 2対1でコートに入り、2に対してチャンスボールの球出しからスタートします。チャンスボールを打つ側が攻撃側、打たれる側はディフェンス側とします。
  • 攻撃側はディフェンス側の黄色いラインテープで仕切ったエリアに向かってハードヒットします。この時、ディフェンス側は、後ろに下がらずに、ある程度のボールのペースを保って返球します。
    それに対してオフェンス側はハードヒットで攻撃を続けます。
写真1
チェックポイント
  1. ディフェンス側はボールのペースが落ち過ぎていないか?
  2. ディフェンス側は重心を低く構えることで、振り遅れずにインパクトできているか?
  3. オフェンス側はペースの早いディフェンスに対してハードヒットを続けられているか?
ディフェンスにも、ひたすら相手のコートに返球してミスを待つディフェンス。下がらずに攻撃的な気持ちで行うディフェンス。色々ありますね^_^
上手くできるようになれば、ディフェンスでエースが取れるようになるかもしれませんね^_^

是非挑戦してみてください^_^

今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史のアグレッシブディフェンスの練習メニュー紹介でした^_^