01:3,000円のシューズを20,000円の価値に変えられるか?

[ コメントを見る(0) ]
数多くのトップ選手のフィジカルトレーナーとして活躍している浜浦幸広さんのアイデア実験・・・
実験内容
3,000円代のシューズを20,000円の価値のシューズに変えられるのか?

写真1
写真1:今回使用するシューズはナイキの型落ちのSALE品

写真2
写真2:工夫次第でシューズの性能を引き上げられると自信に満ちた浜浦トレーナー
市販のインソールでアーチとアーチサポート、かかとサポートを作れるものを選んで入れてみました。それに加えてシューズのフィット感を出すためにゴム製の紐(結ばない靴紐 CATERPYRUN)に変えることの組み合わせでどこまでシューズの性能を引き上げることができるのか?
今回はあえてソールにお金をかけていない安いシューズを選んでみました。
一体これで足の疲労感がどこまで軽減できるのか?浜浦トレーナーの挑戦がはじまりました。
写真3
写真3:尾崎里紗プロの朝のアップを行う浜浦トレーナー

写真4
写真4:予想外に足に疲労感を感じ落胆する浜浦トレーナー
選手のアップ、トレーニングにこのシューズを使用すること3日間・・・結果はいかに・・・
思いのほかシューズの性能を引き上げることはできず・・・足への疲労感が大きく残りました。
今回の実験の結果、やはり値段は正直だということが分かりました。

当の浜浦トレーナーも“やはり、値段は性能に比例するのか、、、”
という寂しい言葉を残して今回の実験を終えましたが、それでも、今回の“結ばない靴紐 CATERPYRUN”に変えることでのシューズのフィット感の向上、インソールのホールド性能向上は十分に感じたそうです。

浜浦トレーナーの挑戦は続きます。