12:ダブルスのリターンダッシュ練習メニュー紹介

[ コメントを見る(0) ]
今回は、ダブルスのリターンダッシュの練習を紹介します。

この練習の1番の狙いは、ダブルスでリターンダッシュをすることではなく、テイクバックからインパクトまでをコンパクトに素早く行えるようにすることです。
これによって、バウンドの速いサーフェスやスピードボール、そしてライジングなど、時間の短い中で振り遅れずに上手く打つことができるようになります。

こつは、腕と体を一体化してワンユニットにしてスイングすることです。
動画を見て分かるように、テイクバック時に腕が体のターンと一体化して直線的に動くとGOOD!
体のターンとは違う方向に動く(上に動いたり、背中側に大きく動いたりする場合が多い)とBAD!です。

試合での多くのミスが振り遅れによって起こっていることを考えると、テイクバックをコンパクトにして打てるテクニックを習得することは、勝つために、重要であることが容易に想像できます。

また、リターンダッシュをすることで、自然と打球方向への体重移動が行われることから、腕を振らなくてもボールに力が伝わりやすく、コンパクトスイングの感覚をつかみやすいメニューだと思いますので、是非試してみてください。

注意する点は、
  1. フォアハンドの時は右足をボールの後ろに入れること
  2. 手でラケットを引くのではなく、体のターンでラケットをテイクバックすること
  3. コンパクトなテイクバックを意識すること(感覚的には手は動かさないつもりで丁度良い)
  4. 足の蹴りでインパクトのタイミングを合わせるようにすること(手を動かすことでタイミングをとらない)
上手くいけば、この練習をするだけで、自然とコンパクトスイングを手に入れることができるのではないでしょうか?
是非、やってみてください^ ^



今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史の練習メニュー紹介でした^_^