13:ダブルスのIフォーメーション練習メニュー

[ コメントを見る(0) ]
今回は、ダブルスのIフォーメーションの練習を紹介します。

ダブルスでの前衛の役割は攻撃の要となることです。
サッカーに例えると、“センターフォワード”、バレーボールに例えると、“アタッカー”を想像してもらったら理解しやすいかと思いますが、できるだけボールを触る回数が多い方が良いことです。
そう考えると、少なくともコートの隅の方にポジションをとるのはNGですね^ ^

ネットの近くにいるため、次の3つのことが機能させることができれば、素晴らしい前衛となります。
  1. ポーチに出てポイントを決める
  2. 相手が打つ場所に対して正確なポジションに動くことで相手が安全に打てるコースをできるだけ減らす
  3. 相手が打つ前にフェイクを入れることで相手にプレッシャーをかける
この3つを上手く行うためには、Iフォーメーションを使うことが重要です。
なぜなら、Iフォーメーションは前衛と後衛(サーバー)の2人共がコートの真ん中からスタートできるため、あらゆるフォーメーション、戦術を行うのに最も適しているポジションだからです。
そのため、まずは、映像で紹介しているように、サーブのコースに対しての基本ポジションを覚えて下さい。その後、基本を理解した上でのセオリー無視が相手を惑わす戦術となります。

最終的には、サーブのコースや回転を使うことで、レシーブを返球しやすい方向が決まってくるため、その方向に前衛が動くところまで戦術的にフォーメーションを取ることが狙いですが、これについては、細かい説明が必要ですので、別の動画で紹介したいと思います。まずは、基本のポジション取りの動きと、そこでのボレーを覚えてみてください^ ^

上手くいけば、このフォーメーションを覚えるだけで、相手のリターンミスを誘える武器になるかもしれません。
是非、やってみてください^ ^



今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史の練習メニュー紹介でした^_^