15:ダブルス打ち分け練習メニュー紹介

[ コメントを見る(0) ]
今回は、ダブルス打ち分け練習メニューを紹介します。

練習方法
球出しからスタート(ストロークからのスタートが上手くいく選手はサーブからスタート)、最初にボールを打つ選手は、クロス→ストレート→クロス→ストレートと4球打ち分けます。その他の選手はそのストロークがミス無く成立するように同じペースを保って、丁寧にラリーを続けます。ストローカーの4球目のショットに対してボレーヤーはボレーを決めずにセンターにコントロールしたところから、ポイントをスタートします。

この練習には、試合に勝つための能力を開発するための2つの重要な要素が含まれています。
1つは、それぞれのプレーヤーがミスをしないでコースとスピードをコントロールしながら続けることです。試合の大事な局面を思い浮かべて下さい。
ライン際にエースが決まり、ポイントが終わるケースに比べて、ミスでポイントが終わるケースがどれだけ多いことか・・・
当たり前ですよね!緊張下でノータッチの取れるような際どいコースに正確に打てる選手なら、世界のトッププレーヤーですものね^_^
(ちなみにダブルスで世界のトッププレーヤーのコーチングをしているルイカイエコーチもダブルスのアレーは守らないでプレーするのがトッププレーヤーへの教えだと言ってました。それくらい、際どいコースにはボールが来る回数が少ないということです。そして、そこを狙うと勝てないということです。)
そう考えると、ストロークを打ち分ける選手は、クロスの安全な場所にミスをしないで打てる最高のボールを打つ事!そして、ストレートは、ネットプレーヤーにネットより低いところでボレーを打たせるようなスピンの効いたボールをミスをしないで打つことが要求されます。他の選手はペースがハイペースにならないように協力します。1人でも、ボールのペースを変えるようなボールを打つ選手がいると、ラリーが上手くつながりませんので、かなり集中力が必要です。

2つ目は、4球目のボレーをセンターに打った後、フリーポイントになるわけですが、ここがダブルスに最も大事な局面となります。
ネットプレーヤーは自分の打ったボレーに対して、ポジションを取り、できることならポーチに出る必要があります。なぜなら、ストレートアタックを止めた次の瞬間が勝負をかける局面となるからです。(ダブルスの上手い選手はこの局面での勝負のやり取りが上手なため、ここでポーチに動く回数が多く、ダブルスの苦手な選手はこの局面での動きが少なく、相手にとって最も簡単なクロスラリーを通させてしまうのです)
そのため、お互いにダブルスのやり取りが上手い選手にとって、この局面がネットプレーヤーvsストローカーの大勝負となります。

この練習でラリーの安定感とダブルスの重要な局面での勝負のやり取りを覚えることができれば、競合いの試合展開で強い選手になれるはずです^_^
是非、やってみてください^ ^



今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史の練習メニュー紹介でした^_^