06:反応トレーニング

[ コメントを見る(0) ]
テニスを上手にプレーするためには、様々な能力が必要です。
今回はその中の1つである反応速度を早めるトレーニングを紹介してみたいと思います。

トレーニング方法
コーチが手出しで以下の方法で行う。
  1. 選手はレディーポジションでコーチの対面して構える。
  2. コーチは選手に左右どちらかに球が飛び出すか分からないように投げる。
    ここでは、選手が予測できないように、背中に隠したところからスタート。両手を同じモーションで動かしながら、一方のボールだけを投げます。
  3. 選手はコーチの手から離れたボールに反応する。(コーチは投げるボールが手から離れる前に選手が動き出していないかチェックする→チェック方法としては、どちらのボールも投げないという意地悪な方法があります^^;)
  4. 選手はレディーポジションでコーチに背中を向けて構える。
  5. コーチは選手の頭の上を越えるボールを出す→股の間から転がす。→頭の上と股の間両方から球を出す。
ポイント
  • 反応するためにはよい構えが重要です。そして、集中力です。
  • 反応が遅い人は、反応する能力が低いのではなく、反応を早くするコツを知らないだけなんです。
    だから、早く反応するトレーニングを行って、構え方、ボールの見方、神経の集中の仕方など、コツをつかんでください。
  • コーチは選手が予想できないようなイタズラをいつも織り交ぜてください。楽しさと、突然のイタズラに反応する隙のなさはコート上で非常に重要です^_^
反応速度が上がれば、あわてなくてすみますね!
当然見た目も優雅に変われます^_^
みなさんも是非、ちょっとしたトレーニングで見た目UP&反応速度UPしてみてください^_^

今よりもっと楽しく、みんラボ研究員井本善友の反応トレーニングでした^_^