18:ボレーストロークからのタッチショット練習メニュー紹介

[ コメントを見る(0) ]
今回は、ボレーストロークのラリーからのドロップボレーvsパス練習のメニューを紹介します。

練習方法
  • 2ストロークvs1ボレー(半面)で行います。
  • ボレーヤーは左右交互にサービスラインより深いボレーをコントロールします。ストローカーはネットプレーヤーの足下にコントロールします。
  • ネットプレーヤーがドロップボレーを打った後は、ドロップボレーが落ちた側のコートにいる選手との勝負となります。
チェックポイント
  1. ボレーヤーはドロップボレーをフォームで予測されないようなフォームで打てているか?
  2. ボレーヤーはドロップボレーに対してのベストなポジションをとれているか?
  3. ストローカーはドロップボレーを拾う瞬間までコースを隠せているか?
ドロップボレーの成功率を上げるためには、相手とのラリー中に、深くペースのあるボレーを打ち相手を後方に押し下げる必要があります。また、自分がドロップボレーを打ちやすいボールを選ぶことも大切です。ただ、毎回似たような場面でドロップショットだけを選択すると、当然相手に読まれます^^;
そのため、似たような場面でドロップボレーと見せかけて深く鋭いボレーを打う必要があります。是非挑戦してみてください^_^



今よりもっと楽しく、みんラボ研究員駒田政史の練習メニュー紹介でした^_^