13:駒田研究員のフォアハンドドライブ回転をかけるコツ

[ コメントを見る(0) ]
今回は、フォアハンドのドライブ回転をかけるコツを紹介してみます。

まず、ドライブ回転をかける時に選手が感覚的に勘違いしやすいのが、インパクト時に面を少し伏せてボールの上っ面を打つような感覚があることです。
これによって、かすったようなスピンボールになってしまいます。
イメージとしては、打ち出す打球方向の真後ろをインパクトしたいものです。
インパクトするときにボールのどこにガットが当たるかと、ラケットをどう動かすかを理解する。(手でボールを打つことで面の向き、ボールに接触する場所、面の動き方をリハーサルする)
回転をたくさんかけるためには、ラケットヘッドを加速させる必要があります。ラケットをインパクトの瞬間に引くようにすると加速します。
大きなスイングの中で(2)の動作を使う(ナダルのようなスイング動作)
前に振らずに、下から上にスイングする中で(2)の動作を使う



腕をできるだけ脱力して、ムチのようにして試してみてください^_^間違っても力任せにやって腕を痛めないでくださいね^^;

今よりもっと楽しく!みんラボ研究員駒田政史のフォアハンドのドライブ回転をかけるコツでした^_^