14:仁木拓人プロのフォアハンドの秘密

[ コメントを見る(0) ]
なぜ仁木選手のフォアハンドはこんなに回転量が多いのにスピードが出るのだろう?
彼は、そんな疑問を抱かせるほど、強烈なフォアハンドを打ちます^_^
そこで、今回はそのフォアハンドの秘密に迫ってみるために、スローで映像をチェックしてみました。
他の選手と比べて特徴的な要素をあげてみましたので、是非真似をしてみてください!!
  1. テイクバックからインパクトまでの距離が長く、手が前方へ直線的に動いている!!普通は回転量が多い選手はもっと下から上にスイングしているためボールにスピードが出にくく、回転ばかりとなるのに対して、スピンを強くかけているように見えないほど前方へ直線的に手が動いている。
  2. スタンスが広く安定している。(テイクバック~インパクトまで両足が地面についている)
  3. 頭の位置が両足の真ん中にキープされている。
  4. スイング中~インパクトまで、リストの角度が90度以上キープされていることから、リラックスしていることと、リストを前方に使っていない事がわかる。
写真1
写真2
写真3
写真4




今よりもっと楽しく!みんラボ研究員駒田政史の“仁木拓人プロのフォアハンドの秘密”でした^_^