16:駒田研究員の“フォアハンドストロークを自由自在にコントロールするコツ”

[ コメントを見る(0) ]
今回は“フォアハンドストロークを自由自在にコントロールするコツ”について紹介させて頂きます。

フォアハンドストロークを自由自在にコントロールするコツは、ボールの様々な場所(内側、外側、下側など)を打てるようにすることです。

多くの方が抱えている悩みの1つが、思ったコースにボールがコントロールできないことです!
特に動かされた時や速いボールが来た時などには打てるコースが限定されてしまうものです。
そこで今回は、どのコースにもコントロールできるようなテクニックを習得するためのヒントとトレーニング方法を紹介してみたいと思います。

まず、フォームで気を付けて頂きたいのは下記の2点となります。

1.テイクバックの肘の位置
写真1
2.テイクバックの手首の角度
写真2

・上記の2点をヒントにしながら動画のように、シングルスコートのサイドラインを目安にして、ボールにカーブをかける練習を行ってみてください。
このショットが打てるようなテクニックが身につけば、アングルショット、カウンターショット、トップスピンロブ、外から巻くダウンザラインパスなど様々なショットを打つことが可能となるはずです。

是非、フェデラーの様な自由度の高いテクニックを身に付けて芸術的なショットを成功させてください^_^



今よりもっと楽しく!みんラボ研究員駒田政史の“フォアハンドストロークを自由自在にコントロールするコツ”でした^_^